全日本選手権単複1R

2015-10-31 22:05:30


全日本選手権単複1R

テーマ:ブログ


みなさん、こんばんは。

今日のシングルス1R、慶應義塾大学の西本選手に2-6/3-6で敗退となりました。
先輩の意地を見せることができず悔しい結果ではありますが、自分のテーマを遂行できたことには満足しています。
やろうとしたことができた場面もありましたが、なかなか連続ポイントが取れずリードを広げることができませんでした。
もっともっとキーポイントにおいて勝負強さを発揮できないといけないなと痛感しました。
シングルスを終えて、ダブルスに入ったのは16:30でした。
相手は橋本総業の石津選手と山外選手のペア。
初戦からタフな相手でした。
ファーストセットはこちらのペースで進めることができ、6-3で先取することができました。
セカンドセットはリードされつつ、5-5まで追いつき、チャンスはあったものの、5-7で落としてしまい、勝負はファイナルセットへ。
普段の国際大会のITFはノーアドバンテージ方式でファイナルセットは10ポイントのスーパータイブレークですが、今大会は、シングルスと同じくデュースありの3セットマッチです。
気持ちを入れ替えて臨んだファイナルセットでしたが、相手の鋭いショットに自分たちのプレーをなかなかさせてもらえず、一気にリードされてしまいました。
気づけば1-5の15-40。
相手のマッチポイントでした。
しかしここからパートナーの樋口選手と一緒に怒涛の追い上げに成功し、7-5で勝つことができました!!
自分でもびっくりですが…
とにかく次に繋げることができて良かったです!!
シングルスもダブルスも今日は沢山の方に応援していただきました。
本当に感謝です。
次の2回戦は月曜日か火曜日に予定されています。
引き続き応援よろしくお願いします!
ダブルスの試合後、最後まで応援してくれた大学院時代の友人と一緒に。
皆様今日もありがとうございました!
廣乃


AD

最近の画像つき記事

 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

1 ■ダブルス勝利なによりです

シングルスは残念でしたね
全日本の本戦は選手が目標にしてるかもしれず
後輩でも厳しい戦いになったかのかとも思います
その中で石津、山外選手のペアにドラマチックな勝ち方なによりです
1-5からの逆転は国内大会のデュース有りも影響があったかもしれませんね
石津選手のストロークと山外選手のネットプレイを考えるとタフ過ぎる相手でしたし
冠スポンサーさんの大会で相手ペアも気合いが入っていたと思います
2回戦は明後日ですね
1日の調整日をうまく使って下さい

お疲れ様でした 2015-10-31 22:44:50  返信する


コメント投稿