まつ毛美容液で副作用が起こる3つの成分はリバイブラッシュに配合か?

まつ毛美容液というと目に染みる・色素沈着・充血・肌荒れ・痒みといったような副作用が起こると聞きますよね。

まつ毛のボリュームアップと引き換えにそれらの副作用を受け入れた

そんな話しを一度は聞いたことがあるのでは無いでしょうか?

ご安心ください。

それらの話は昔のまつ毛美容液での話であり、現在はそれらの副作用を引き起こす成分は解明されています。

そんな副作用やアレルギーを引き起こす3つの危険な成分はリバイブラッシュには配合されているのでしょうか?

まつ毛美容液で副作用を引き起こす成分

まず初めにまつ毛美容液で副作用を引き起こす3つの成分を紹介します。

  • ビマトプロスト
  • フェノキシエタノール
  • 界面活性剤

これらの成分がまつ毛美容液に含まれていると副作用を引き起こすと解明されています。

それぞれの成分の特徴と副作用やアレルギーを解説します。

成分名 使用目的 副作用・アレルギー
ビマトプロスト 緑内障治療 充血、色素沈着、視力低下
フェノキシエタノール 防腐剤 肌荒れ、痒み、痛み
界面活性剤 水と油を混ぜるために使用 痒み、炎症

Q.ではリバイブラッシュには上記の成分は配合されているのでしょうか?

A.一切配合していません。

リバイブラッシュは安全性が高いまつ毛美容液

リバイブラッシュが口コミで人気の理由の1つとして安全性が高いということがあります。

リバイブラッシュは副作用の恐れがある

  • ビマトプロスト
  • フェノキシエタノール
  • 界面活性剤

といった成分を一切配合していないだけでなく、20種類の無添加を実現しています。

石油系界面活性剤、旧表示指定成分、合成着色料、合成保存料などの危険な成分は一切配合していませんので、副作用やアレルギーといった心配は無く、安全性が高いと言えるでしょう。

マツエクでも接着剤で肌荒れしたといった声がありますので、無添加というのは重要な指標でもあります。

また、リバイブラッシュは5つの刺激性試験をクリアしています。

  1. アレルギー性試験
  2. 眼刺激性試験
  3. 皮膚一時刺激試験(パッチテスト)
  4. 感応性試験
  5. 累積刺激性試験

これらの試験によって副作用が全く起こらないといった事はありませんが、購入の際の1つの判断基準にはなるかと思います。

まとめ

このようにリバイブラッシュは

  • 肌に優しい成分(無添加成分)で作られている
  • 5つの刺激性試験をクリアしている

といった安全性の高いように作られています。

まつ毛美容液は目に近い部分に使うものですから安全性が高いかどうかは重要になってきますね。

リバイブラッシュはどんな効果があるの?特徴は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする